転職は20代の若手だけではなく、それよりも上の30代の間でも行われています。今まで働いていた職場から別のところに移る場合、年代は関係あるのでしょうか。また転職で持っておきたいスキルや資格はあるのか、気になる人のために情報をまとめて紹介します。
30代だからといって転職できないわけではなく、40代や50代でも転職に成功した人はいます。そのため30代でも努力次第では、転職で成功できる可能性があるのです。
特定の業種や業界の場合、年齢的に転職が厳しくなることもあります。少し前までは35歳を超えると転職が厳しくなるという説がありました。35歳以下であれば若手か中堅であり、長期のキャリア形成が見込めるためです。
最初は仕事に慣れるまでに時間がかかったとしても、その後に働きが期待できるという考えがありました。しかし現在では35歳説は薄れつつあり、転職希望者の持つスキルや経験が重視されているようです。
若いのに越したことはないのですが、新しい環境で活かせるスキルがあれば企業の担当者に良いアピールができるかもしれません。今までの経験に新しい仕事との関連性があれば、転職において有利となることもあります。
やる気があることです。やる気のない人が転職しようとしても、成功できないでしょう。仕事に対して熱意があり将来のことを考えている、つまりやる気があるとアピールできる人が有利と言えます。
職場で他のスタッフと協力する機会があれば、コミュニケーション能力やマネジメント能力も必要です。この2つに自信がある人は、面接や書類選考の際に積極的にアピールしてください。
資格については、TOEICをおすすめします。様々な業種や業界で英語力が求められることもあるため、持っていて損はありません。TOEICの成績ですが、600点以上あれば良いでしょう。
また日本企業のほとんどは中小企業であるため、中小企業診断士の資格があると高く評価されるかもしれません。中小企業診断士は国家資格であり、人材系の営業職や経営コンサルタントにおいて人気の高いものです。事務職の転職を目指すのであれば、日商簿記があると良いです。
今と昔とでは転職市場のあり方が変わっており、30代だからといって不利となるわけではありません。コミュニケーションやマネジメントに関するスキルがあり、人気の高い資格が1つでもあれば転職しやすくなる場合もあります。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。