転職について年齢は関係ないという意見もあるのですが、未経験の場合は少し考えなければなりません。
40代で未経験の人が特定の職種に転職しようとすることは、かなり難しい場合もあります。アピールのために勉強して資格を取得する人もいますが、実績無しはNGなのでしょうか。
40代で転職することが悪いわけではなく、必要な準備と対策があれば成功する可能性もあります。転職について年齢は関係ないという意見がある理由は、転職活動を行う希望者に必要なスキルや経験があるためです。
20代や30代の若手や中堅であれば、未経験から始めても長期的なキャリア形成が望めます。しかし40代となると同じようにはならず、未経験となると厳しい部分があります。
転職希望者が企業に何かを求めるように、企業もまた転職希望者に求めるものがあるのです。互いの条件がマッチしない場合、今までのキャリアに関係なく厳しくなることもあります。
企業が即戦力を欲しいと考えている場合、40代で未経験の人は魅力的に感じない可能性があります。
資格があっても実績無しではNGと言うかもしれません。しかし資格ために勉強したことを評価してくれる企業もあります。
たとえば接客などがある場合、接客サービスマナー検定やサービス接遇検定に合格していると良いです。飲食店や販売店で仕事をしたい場合、これらの資格があると評価されることもあります。
IT系エンジニア職を狙う人には、IT検証技術者認定試験やソフトウェア品質技術者資格認定などがあります。バグの検証を行うテスターやデバッカー、プログラマーなどは未経験可能の募集もあります。
40代でも上記した資格があれば、積極的に採用してもらえるかもしれません。必要となる資格は、どの職種を狙うかによって異なります。
40代で未経験の職種は確かに厳しい場合もありますが、一部不利とならない職種もあるためどこを狙うかが重要と言われています。資格を取得してもNGとなる場合もあればそうならない場合もあるため、興味のある人は記事の中で紹介したものを勉強してみてください。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。