転職後に失敗したと思う時とは、果たしてどんな時なのでしょうか。経験者が語る失敗談から正しい方法を学び、人生の質を高くすることを目標としましょう。
失敗したと思う時について、大手転職サイトが経験者にアンケートを実施したことがあります。その中で多かったのが、労働条件が違うという声でした。転職活動を行う場合、求人情報をチェックすることが重要です。
給料や休日などが事前に受けた説明と異なっていた、という後悔が見られます。最初や契約社員や派遣社員からスタートでその後正社員となるという説明を受けたが、正社員登用の条件が異なっていたという声もありました。
今現在の環境よりも優れたところに移りたいという目的で頑張っていた人が、このような後悔を味わったらモチベーションに関わるかもしれません。
このような後悔をしないための正しい転職法は、内定後の労働条件通知書をチェックすることです。勤務地や仕事内容などが明記されており、交付することは雇い主の義務です。
内容が事前に受けた説明と異なる場合、企業に連絡してください。相違があれば内定を辞退し、別の転職先を探すことをおすすめします。
面接時に必ず質問をすることです。
1日の仕事の流れを教えてください、私の持つ資格は御社への貢献につながりますか、などと具体的な質問をしてみてください。
面接の担当者から具体的な回答を得られれば、新しい仕事についてイメージしやすくなるかもしれません。転職前にできる限りギャップが埋まるように努力してください。
労働条件や理想と現実のギャップによる失敗談がありますが、同じようにならないように対策をしておくことが重要です。疑問があればそのままにせずに必ず相談し、転職後自分がどのように働いているかを日ごろからイメージするのです。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。