中途採用者が転職の面接を受ける際、必ずされるであろう定番の質問があります。質問に対しては焦らず確実に答え、企業の担当者に対して良い印象を与えるように頑張ってみてください。
上手い答え方や面接の流れについて紹介するため、これから転職活動を始めるつもりの人は要チェックです。
転職活動のために面接を受ける場合、転職活動は必ず質問されます。今勤めている企業を辞めようとしてまで新しい環境を求める理由は何なのか、担当者は評価のために知りたがっているでしょう。
転職を希望する理由は様々ですが、人間関係や労働環境の問題で辞める人もいます。悪い環境から逃げ出すことは悪くありません。
たとえマイナスな理由があっても上手く言葉にして、プラスの部分が伝わるように答えるのです。今現在の環境では満足できず御社のように素晴らしい環境で仕事をすれば大きな貢献ができると思いました、などと答えると良いです。
志望動機もよくある質問ですが、こちらでも企業の担当者の気持ちが良くなるような方法を意識してみてください。御社のサービスや商品には他社には魅力があり私のスキルを発揮することでより大きくなると感じました、などと将来性のある内容にすると良いです。
面接の流れですが、導入から始まることが一般的です。担当者の待つ面接室に到着したら、軽くドアをノックしてください。どうぞという返事が聞こえたら静かにドアを開けて、担当者に向かってあいさつをしてください。
冷静かつ丁寧に答えることが基本です。事前に書類選考がある場合、担当者は内容をチェックしているはずです。
何か新しいことを質問されるのではなく、履歴書や職務経歴書の内容に沿って面接が行われる場合もあります。面接の最後の方で、条件確認が行われる場合もあります。
残業の有無や各種手当などの待遇面など気になることがあれば、後からトラブルが起きないように確認しておいてください。特に何もなければ退室となりますが、最後にお礼を伝えてから帰ってください。
中途採用でも転職エージェントなどのサービスを利用すれば、面接の練習を受けることができます。どのような質問をされても事前に答えを考えておけば、本番で焦って失敗してしまうことはなくなるかもしれません。

By admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

テキストのコピーはできません。